【ドラム】ダブルストロークを攻略

ドラム

どうも!

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ドラマーのうさです。

 

今回は前回の続きで

またまたダブルストロークのお話です。

誰もが悩む

ダブルストロークですが!!!?

闇雲に練習しても何の効果も得られません。

 

そんな中で

ちまちまと下地作りから焦らずにやっていきましょう。

今回は準備編に続きです。

↓前回の記事です↓(読んでない方は必読です)

【ドラム】ダブルストロークは必ず出来ます!諦めないでください(^^) 〜準備編〜

 

練習法解説

まずは

片方の手だけをダブルの動きを覚えてもらう

という方式をとります。

 

いきなり両手をやっても

フォームが崩れるのと互いに違う動きが出来ないからです。

 

エクササイズ1-A

まずはこれです。

最初の1小節目8分音符を叩くモーションを行い

その後、2発目(これの場合は左)ダブルストロークを行います。

この作業の繰り返しです。

 

 

スポンサーリンク

 

エクササイズ1-B

エクササイズ1-Aの反対バージョンです。

説明はエクササイズ1-Aと同じです。

 

※左利きの方はエクササイズ1-B→エクササイズ1-Aでやってください。

 

エクササイズ1-C,D

これはCとDを繰り返しで行います。

変わった点はそれぞれの2小節目の4拍目の手順が変わっています。

 

この部分でオルタネイトという手順を行っております。

オルタネイトとは

※右発進の場合→RLRL…と交互に手を入れ替えます。

 

スポンサーリンク

 

これを行うことで

左右の練習が一気に出来るようになります。

難しいですけどもトライしてみてください。

 

エクササイズ2-A

次はエクササイズ2です。

エクササイズ1-Aとさほど変化はないのですが

変わった点はそれぞれの2小節目の4拍目の手順が少し変わっています。

 

ここで漸く

左右ともダブルストロークを行います。

ココまでやってきた動きをよく理解しながらやってください。

 

モーションが崩れるとすべてパァです。

 

ただ単に打つ事だけを考えすぎると

逆効果ですので

 

スポンサーリンク

 

ちゃんと打つためにはモーションが大切です。

 

エクササイズ2-B

エクササイズ2-Aの反対バージョンです。

説明はエクササイズ2-Aと同じです。

 

※左利きの方はエクササイズ2-B→エクササイズ2-Aでやってください。

 

動画解説

【ドラム】ダブルストローク攻略動画 / 前編 – Double Stroke Strategy Video First part

 

まとめ

ダブルストロークを打つためには

まずは押さえつけないことが大切です。

 

打面に対しても指に対しても

 

そして

テンポをコントロール出来ないのならば

後にも先にもないです。

 

 

なんとなくダブルストロークを卒業したいならば

メトロノームはちゃんと使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました